コンテンツ

これから犬を飼う方へ Part7

褒めてしつける ドッグトレーナー に習おう!

イメージ写真

しつけを始めるにあたり、どういった方法でしつけるかを考えてみましょう。独 学で頑張ってみますか?独学でも、とてもお上手にしつけをし、愛犬との良い関係を作られている方もいらっしゃいます。が、それが出来るのは何頭も飼って犬 という生き物を理解している方のような気がします。過去の犬との生活で得た物の中から、上手な対応を独自に編み出せている方です。

ただ稀に、初心者の方で もお上手な方もいらっしゃるようです。これは天性の犬扱い上手さんなのかもしれません。独学でも本やネットの情報などで勉強されて、愛犬をしつける方もいらっしゃいます。

私 はありがたいことに、縁あって本を出させて頂いたり、犬雑誌の監修や、インターネットでの犬のしつけ相談コーナーで回答をするなどのお仕事をさせて頂いて いますが、どのお仕事でも毎回特に気をつけている事は、『不特定多数の方が見ているのだから、誰にとっても害の無い方法をお知らせしなければ!』という点 です。

私の言った事、アドバイスなどで、その通りにやってみたら悪影響が出てしまっては本末転倒です。ですので、行動を悪化させてしまったり、性 格を歪めてしまう様な乱暴な対応は一切お伝えしていませんし、中途半端な対応にならない様に注意も促します。そして、何故そういった行動が起こるのか。ど うしてこの対応が必要なのかも出来る限り一緒にお伝えしています。

でも、残念ながら世の中には、犬、飼い主さんにとって害が出てしまう方法が出回ってしまっているのも事実です。
そういった家庭犬に相応しくない方法を学んでしまい、皆さんと皆さんの愛犬に合っていない方法で対応し、悪影響を出して欲しくないので、本やネットの情報は、『とりあえず知識として持っておき、実際自分の犬に試すかはよく考えてから行う。』のをオススメします。

しつけ相談コーナーでも、私のアドバイスで全て解決出来る様に。というのを目的としておりません。今ある問題への、とりあえずの対処法をお伝えし、『出来るだけ早く地元の褒めてしつけるトレーナーについてトレーニングを開始しましょう。』とお伝えしているくらいです。
そうなのです!しつけは犬の専門家について教えていくのが一番なのです!
何 故なら、独学ですと間違った対応をしてしまう事がありますが、専門家について行えば、専門家は、愛犬と皆さんと直接会えるので、それぞれの性格が分かりま す。環境も対応の仕方も見られます。そうすれば、個々に合った細かいアドバイスが出来、間違った対応をしないで済みます。悪影響を出さずに済むのです。
ですので、これから飼い始める方は是非とも、犬の専門家を探してみてください。

 

では、どういったタイプの専門家に依頼するのが良いのか考えてみましょう。
ドッ グトレーナー(専門家)の数だけトレ-ニング方法があると思っても良い位、様々な方法があります。どのトレーナーも、それぞれの経験上これが一番!と思っ た方法でトレーニングをしています。どの方法がダメとは一概には言えません。何故ってそのトレーナーと、その飼い主さんと、その犬にはその方法が合ってい たワケですから。ただ、その方法は皆に当てはまりオススメ出来る方法かは・・・違う場合があります。

ハッキリ申し上げておきたいのは、『乱暴な方法は、家庭犬のしつけには向いていない。』という事です。
これは、乱暴なやり方が出来る人(トレーナー)と出来ない人(飼い主さん)との差が出てしまい、乱暴な扱いをする人が居ないと結局何も出来ない状態になったり。
乱暴な扱いのせいで、萎縮して常にビクビクする犬に仕上がったり、逆に乱暴に扱われる前に攻撃をしかけてくる犬になったりなど、犬の性格が歪むケースがあります。

乱 暴に扱ってもきちんとフォローが出来るトレーナー(プロ)が、アメとムチの使い分けを上手に行い犬を仕上げていくのであれば、副作用も少ないでしょうが、 犬の扱いもままならない飼い主さん(素人)が乱暴な方法を試みると、乱暴な扱いだけが過剰に出来る割にフォローがうまくいかずバランスが取れずに、うまく いかない。というケースが見受けられます。
乱暴な方法は、リスクが多過ぎるので、避けた方が良いでしょう。


トレーニングを依頼するにあたり、犬を預けてプロに施して貰うのが良いのか、自分でトレーニングするべきか。。。悩む所だと思いますが、家庭犬として育てるのであれば、是非ご自分の手でしつけをしてください。

何 故なら、家族から離れて、訓練所などの違う環境に預けられトレーニングし自宅に戻ってきても、自宅での正しい振る舞いを習っていないので、折角習ったト レーニングが生かせないからです。他人(トレーナー)の言う事を聞く事を覚えて帰って来てもご家族の言う事を聞くように応用は効かないからです。

生活している環境に来て貰い、日々の生活に必要な対応を犬にではなく、飼い主さんにお伝えしていく。。。そんな方法が家庭犬のしつけには向いています。
扱う人が正しければ、扱われる犬は正しい行動が取れるのです。
犬のしつけ方を飼い主さんに教える事が出来る、褒めてしつける方法の出張個別レッスンをするトレーナーを探しましょう。

しつけ方教室という場所があります。
しつけ方教室のメリットは、他の犬やその飼い主さん達の大勢の中でしつけが出来る事です。様々な刺激に慣らせ易いのが特徴です。
ただ、極端に怖がりな子の場合、他の場所に行く事、他人、他犬が沢山いる中では全く集中が取れない。などの場合は、教室に行く事自体がストレスになる場合 があるので、そういうタイプの子は出張個別レッスンである程度トレーニングを積んでから教室に編入した方がいい子がいますので、トレーナーに見極めて貰い ましょう。

しつけの方法は様々ありますが、家庭犬として育てるなら出張個別レッスンか教室タイプを探しましょう。
ただ、必ず方法、方針などの確認。自分達に合っているか?自分達に出来るかどうかチェックしてから決めましょう。

後は、トレーナーとの相性も大事です。信頼関係第一です。長い付き合いになるトレーナーの人柄、皆さんとの相性もチェックポイントの1つに入れておいてください。