コンテンツ

これから犬を飼う方へ Part4

いよいよ愛犬選び!新しい家族の悪い部分も認めたうえで・・・

『犬との生活は、手間暇労力、お金がかかる。大変ですよ!!大丈夫ですか?』と、これだけ私が脅して(笑)も、それでも犬を飼いたい!犬と生活したい!!と思う方。。。覚悟が出来たのですね。
分かりました。あなたの『犬を飼いたい』と思う気持ちはホンモノです(#^.^#)

であれば、次なるステップは、愛犬選びについて考えてみましょう。
愛犬選びのよくあるパターンはというと・・・

『ぶらりと立ち寄ったペットショップで、たまたま目が合ったから、そのまま連れて帰って来ました♪』という一目惚れ型。

『OOさんちのOOちゃんは、とてもお利口さんだから同じ種類が欲しい!』という隣の芝生が青く見えちゃっている型。

『大型犬とソファでくつろぎながらTV見るのが夢なの♪』という妄想型。

『流行のOO犬がいい!!』というファッション型。

『珍しい種類がいい!』というフェチ型。

と様々です。

一目惚れ型は、衝動で買ってきているので、『美人は3日で飽きる!』法則が働き飽きる・・・って事は、さすがに犬では無いようですが、きちんとした環境設定もままならないまま生活を始めてしまうから、粗相だのイタズラだの勝手放題にされて困り事続出です。

隣の芝生型は、たとえ同じ種類であっても、全く同じ様な良い犬には育たない。という事実を突きつけられます。
そうなのです!犬種の特性、親犬から受け継いだ気質がありますが、最も影響を受けるのは、飼われた環境、共存する飼い主さんの性格、扱われ方、しつけ方な どにより変化するものです。ですので同じ腹の犬(兄弟犬)であっても、大体は似ていてもそれぞれ違う独特の個性が出てきて、本当に兄弟?!と疑いたくなる 事だってあります。だから、とても良い犬を見かけて同じ種類を飼っても、その犬と同じ様に良い犬になるとは限らないのです。

妄想型、ファッション型、フェチ型は、自分の趣味嗜好に合ったタイプを望んではいますが、実際生活するにあたってライフスタイルにマッチした犬かどうかまで考えている人は少ないのではないでしょうか?

きちんと考えてから飼おうとする方の中には、犬種図鑑などを参考にされる方も多いと思いますが、図鑑は良い事ばかり書かれています。欠点が書かれているのは稀です。書かれていたとしても、占いと一緒で、嫌な部分はスルーしてしまう方、少なくないようです(笑)

だから私はあえて悪い部分。大変な部分を言うようにしています。
吠え易いですよ。頑固です。興奮し易いです。充分な運動が必要です。攻撃的になり易いですよ。などです。

他には。。。
大きい犬の力は物凄いです。好き放題に引っ張り回されない様に、飼い主について合わせて歩く事を教えるトレーニングはしていても、何かの拍子に急な突進をする場合があります。そんな突進をも止められる気力と体力がありますか?

中型犬でもダッコ出来る力がありますか?

小型犬のちょこまかした動きについていけますか?

超小型犬を優しく扱えますか?

トリミング犬種を定期的にサロンに連れて行けますか?

ブラッシングなどグルーミングに時間を割く事が出来ますか?

抜け毛の多い犬のブラッシングを欠かさず行い、一日に何度も掃除機をかける手間に耐えられますか?

などなど、大変な部分を上げたらキリがない。
悪い部分を知っていて、それでもその種類に惹かれるのであれば、後々こんなハズじゃなかった。と感じずに済みます。
『こんなハズじゃなかった』と、思ってほしくないから、犬種の良い部分は勿論、悪い部分も把握してから選んで頂きたいのです。

 

ウエストハイランドホワイトテリア

まとめますと、飼いたい犬種が決まったら、その種類の悪い部分も把握する事。
その上で良い部分は伸ばし、悪い部分は悪化しない様に、正しいしつけを早いうちに行えば、そんなには困らないはず!!なのです。


ご自分の生活環境、性格、経済状況などと照らし合わせ、共存可能か確認出来て初めて犬探しをスタート出来るのです。